車買取において、査定額を左右する最も重要なことは車種ですが、その他にも査定の際に重要視されるポイントがいくつもあります。わかりやすい例をあげると、年式と走行距離です。同一車種でも、年式が1年違うだけで車買取価格は大きくかわります。

また、同様に走行距離によっても査定額は大きく左右されます。より新車に近い状態のもののほうが査定額が高くなり、古くなったり、走行距離が増えるほど査定額は低くなっていきます。特にモデルチェンジが行われると、古い型のモデルの車買取価格は大きく落ち込んでしまうことがあります。

査定士は、ボディや車内の状態も重要視します。見た目の印象は商品の価値を大きく左右するからです。たとえばボディに傷があったり、へこみがあったりすると、マイナスポイントになります。同様に、車内が汚れていたり、シートにシミがあったりするとマイナスポイントです。

そのため査定の前には、洗車と車内の掃除は必須です。なお、エアロパーツなどでドレスアップされている場合は、査定額がプラスに働くときと、逆にマイナスに働いてしまうときがあります。社外製のドレスアップパーツを装着していてそれがマイナスと判断されてしまう可能性がある場合は、査定前に外しておくことをおすすめします。

Comments are closed.

Post Navigation