車買取の際の査定ポイントとしては様々なものがありますが、駆動方式もそのひとつになります。自動車の駆動方式には大まかに分けて2WDと4WDがありますが、4WD車は2WD車に比べると価格が高めです。そのため車買取の価格も高くなり、同じ車種でも査定額に差が出てきます。

特に、アウトドアスポーツ向きの車種など、4WDでの人気の高い車種は4WDと2WDでの査定額の差は大きくなり、車買取時のアドバンテージとなります。その一方で、4WDモデルがそれほど人気でない車種の場合、4WDでも査定額にそれほど変化がないということもあり得ます。

このように、車種によっては4WDは査定ポイントとして重要となってきますが、査定額がどれほど上昇するかについては地域によって異なります。

というのも、積雪量が多い場所など、4WD車が求められている地域では需要が高まるために査定額も大きくプラスとなりますが、雪があまり降らない地域などではそれほど需要がないため、4WDでも査定額がプラスとならないこともあるからです。

4WDは都市部などではよほどのこだわりのない限りは無用の長物ともいえるうえ、燃費の面では2WDに劣るので、この結果は当然かもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation