車買取店にて中古車を売る場合、少しでも高く買ってもらいたいと誰もが思うことでしょう。そのために申告すべき内容を申告せず、後からトラブルに発展してしまうことがあります。その一つが、事故車であることを隠すことです。修復歴の有無は中古車査定価格に大きな影響があります。

そのためにばれなければ、そのまま黙っていようと思ってしまうものです。プロの査定士は修復歴を見抜く技術を有していますが、それでも時には見逃してしまうこともあります。しかし、買い取った後に修復歴があったことが発覚すると、契約違反となり大きなトラブルに発展するケースが少なくないのです。

車両を引き渡した後に、修復歴が見つかったり、走らせてみると異音が発生していることがわかったりすると、車買取店によっては、後から減額を要求してくることがあります。もし減額に応じないと、契約を不成立にされてしまう場合もあります。

必ずしも、売り手に落ち度ない場合でも車買取店が悪質でトラブルとなることもあります。このようなトラブルを避けるための注意点としては、中古車査定を行う前に、ネットなどで車買取店の情報を入手しておくことが大切です。様々な情報を見つけることができるはずです。基本的に大手であればまず問題はないでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation